時間術 書評

【書評】「時間がない!」を卒業する200のアイデア

更新日:

本日の1冊

「時間がない! 」を卒業する200のアイデア 1日が25時間になる超時間節約術「時間がない! 」を卒業する200のアイデア1
「時間がない! 」を卒業する200のアイデア2

概要

私たちは限られた時間しかこの世にいられず、その時間がどれだけあるかは誰にもわからない。だからこそ、人生の一瞬一瞬を大切に生きるべき。英国ナンバーワンのモチベーション・トレーナーのマイケル・ヘッペルがタイムマネージメント術を伝授する1冊。

ポイント

「なぜやるか」を意識する


大きな悩み

毎日1時間節約する方法を習得し、これからずっと実践するため-たった一度、人生の3時間を投資するつもりはあるだろうか。もちろん意欲はあっても問題がひとつ。あなたには、今すぐ3時間を投資するだけの時間がない!
あなたは「すべき」と思っているだけで、「必ずしよう」とは思っていない。

あなたの動機を見つける

1日1時間節約して何をしたいか、わかっただろうか。動機が明確になったら、言うことなし。動機がわかったら、紙に書きだす。それを手近な場所に置き、やる気を出したいとき、初心に戻りたいときに読み返そう。

タイムブロック

1日には、15分間のブロックが全部で96個ある。あなたはこれから7日間の行動を、1ブロック=15分間ごとに記録しなければならない。最初の15分ごとに記録をとる方法を決める。本書のウェブサイト(www.saveanhour.co.uk)にあるテンプレートを印刷して使ってもかまわない。これから7日間、自分の行動を15分間ずつ把握し、タイムトラッカーに記録する。面倒かもしれないが、これが乗り越えるべき最初の試練だ。

ゴミ箱を好きになる

やることが多すぎれば、行動のペースが落ちる。やることが多すぎれば、毎日の貴重な時間が無駄になる。ものが多すぎれば、よくないエネルギーが生まれる。だから今こそ……大掃除をしよう。

「ごちゃごちゃ」にさよなら

本気で毎日1時間節約したいなら、乱雑さと手を切り、生活から「ごちゃごちゃ」を一掃する必要がある。

「ぐずぐず」を克服する


今を生きる

「今やれ、今やれ、今やれ!」。単純な秘訣だが、効果は抜群。行動せずにはいられなくなる。

時間にごほうび

タスクの一部を完了したら、ごほうびとして別の何かをする。

「やる」と口に出す

「やる」と口に出して言えば、あなたはやるし、やらざるをえない。

やるかやらないか、それが問題だ


10万ドルのアイデア

毎晩寝る前に、明日やらなければならないことのうち、最も重要なタスクを5つ書きだす。寝る前にリストを書き出せば、それから6~9時間眠っている間に、脳にやることが染みわたる。毎晩寝る前に書く以上、それは習慣になる。

「タイム・クアドラント」で優先順位を決める

最も重要なことは何か、忘れずに真っ先にそれをやっているか。最も重要なタスクを書きだし、何より肝心なことにそれをスケジュルに組み込めば、驚くほどのことが達成でき、びっくりするくらい時間が浮く。

結論

「必ずやることリスト」と「やらないことリスト」を作り、10万ドルのアイデアを自分のものにすれば、必ずうまくいく。

邪魔を撃退する


素敵に「ノー」と言う

①とりあえずポジティブな反応をする。だが、イエスという言葉を口に出してはだめ。
②最初のフレーズに「でも/ですが」と続けない。「それなら/でしたら」と続けるか、「残念だけど」といったせりふを言おう。
③賢い言い訳をする。個人的に愛用しているのは「できることなら、ぜひ手伝いたい/引き受けたい」と言ってから、丁寧な口調で断る方法だ。最後にポジティブな言葉を添える。

仕事


すごい「お任せ」

「部下は期待に応えてくれないものだし、子供も友人も期待には応えてくれない。そういうものだと受け入れるしかない。」
使いはじめたその日に、完璧に使いこなすのは不可能。だが使い続ければ、もっとうまく使えるようになる。

仕事を頼む場合の秘訣は3つのピースを手元に用意すること。
①タスク
頼むのは同僚が得意かつ好きな業務であるべき。つまり彼らが何を好きか、知っておく必要がある。
②頼み方
頼むときに使うべきなのは、あるフレーズと単語。そのフレーズは「助けてくれる?」、単語は「なぜなら」だ。
③タイミング
相手が喜んで手伝ってくれると予想してその場で頼むより、数日待ったほうがいい場合もある。

ミーティング

45分間ミーティング…確実に45分間で終わらせるため、会議の開始時間は「2時15分」や「3時15分」に設定しよう。
会議はできるだけ自分で仕切ろう。
①予定の時間に開始する
②目標時間を具体的に設定する
③決断を促す
④その場で決断できないなら、一時保留にして先へ進む

 

メール

新着メール通知機能をオフにし、メールの確認は1日に3回か4回だけにする。

25つおまけのアイデア!


最後に

心に刻もう。私たちは限られた時間しかこの世にいられず、その時間がどれだけあるかは誰にもわからない。
大切なのはたぶん、毎日1時間を手にすることではない。
それは人生のあらゆる瞬間を手にし、存分に生きることだ。

まとめ

毎日時間を節約して何をしたいのだろうか。動機がなければ本気になれない。本気でしようと思わなければ何も変わらない。人生の残りの時間を意識し、後悔のないように存分に生きることが重要だ。幸せの定義をおこない、密度の濃い時間を過ごすのだ。

-時間術, 書評

Copyright© Carpe diem , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Bitnami