人生観 書評

【書評】働き方無双

更新日:

本日の1冊

タイトル:働き方 完全無双働き方 完全無双1
著者:ひろゆき

働き方 完全無双2

概要

沈みゆく日本で、あなただけが「無双」状態で働くには、どうすればいいのか。“「攻め方:能力を上げるのではなく、相対的に自分を有利にする方法」「守り方:企業の論理に絡めとられることなく、最悪クビになっても大丈夫な状態にしておく」をマスターし、企業の「論理」を身につけて、業界としてよりよい「環境」に身を置く”これこそが目指す「働き方完全無双」である。

ポイント

「新しいこと」にはとにかくクビを突っ込んでおけ


何か新しいことが流行したときや、最先端の人が使っているツールというのは、ヘンに斜に構えて批評家にならず、とりあえず駛馬に手を出しておくようにしましょう。

「なんでもやります!」という姿勢でいるとどんどん利用し尽くされる



イス取りゲームではなく「イスを増やす人」を応援すればいい


自分がゼロサムゲームをしていないか、足を引っ張ることをしていないか、我が身の行動をチェックするようにしましょう。

まとめ

ひろゆきさんの考え方も理解でき、読み物としては面白いものでした。移り変わりの激しい時代だし、「新しいこと」にはとにかくクビを突っ込んでおくということは実践していきたい。

1読書1アウトプット

「新しいこと」にはとにかくクビを突っ込む

-人生観, 書評

Copyright© Carpe diem , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Bitnami