人生観 思考 書評

【書評】嫌われる勇気

更新日:

本日の1冊

タイトル:嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気1
著者:岸見一郎、古賀史健

嫌われる勇気2

概要

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた1冊。アドラー心理学は「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。

ポイント

トラウマを否定せよ


なぜ「人は変われる」なのか

アドラー心理学では、過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を考えます。

トラウマは、存在しない

「いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。
自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである。われわれは過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。人生とは誰かに与えられるものではなく、自ら選択するものであり、自分がどう生きるかを選ぶのは自分なのです。

あなたは「このまま」でいいのか

「大切なのはなにかが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである」。

人は常に「変わらない」という決心をしている

人はいつでも、どんな環境に置かれていても変われます。あなたが変われないでいるのは、自らに対して「変わらない」という決心を下しているからなのです。「このままのわたし」であり続けていれば、目の前の出来事にどう対処すればいいか、そしてその結果どんなことが起こるのか、経験から推測できます。つまり人は、いろいろと不満はあったとしても、「このままのわたし」でいることのほうが楽であり、安心なのです。
アドラー心理学は勇気の心理学です。あたなには、ただ“勇気”が足りない。いうなれば「幸せになる勇気」が足りていないのです。

すべての悩みは対人関係


なぜ自分のことが嫌いなのか

アドラーはいいます。「悩みを消し去るには、宇宙のなかにただひとりで生きるしかない」のだと。しかし、そんなことはできないのです。

劣等感は、主観的な思い込み

155センチメートルという身長は平均よりも低く、一見すると、劣等性に思えることでしょう。しかし問題は、その身長についてわたしがどのような意味づけをほどこすか、どのような価値を与えるか、なのです。
主観にはひとつだけいいところがあります。それは、自分の手で選択可能だということです。自分の身長について長所と見るのか、それとも短所と見るのか。いずれも主観に委ねられているからこそ、わたしはどちらを選ぶこともできます。

他者の課題を切り捨てる


「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

われわれは「他者の期待を満たすために生きているのではない」。他者の期待など、満たす必要はない。ユダヤ教の教えに、こんな言葉があります。「自分が自分のために自分の人生を生きないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるのだろうか」と。

他者の課題を切り捨てよ

「ここから先は自分の課題ではない」という境界線を知りましょう。そして他者の課題は切り捨てる。それが人生の荷物を軽くし、人生をシンプルなものにする第一歩です。

対人関係の悩みを一気に解消する方法

自らの生について、あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」、それだけです。一方で、その選択について他者がどのような評価を下すのか。これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。本来は他者の課題であるはずのことまで、「自分の課題」だと思い込んでいる。まずは「これは誰の課題なのか?」と考えましょう。どこまでが自分の課題で、どこからが他者の課題なのか、冷静に線引きするのです。
そして他者の課題には介入せず、自分の課題には誰ひとりとして介入させない。

ほんとうの自由とはなにか

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。つまり、自由になれないのです。
幸せになる勇気には、「嫌われる勇気」も含まれます。その勇気を持ちえたとき、あなたの対人関係は一気に軽いものへと変わるでしょう。

世界の中心はどこにあるか


あなたは世界の中心ではない

自分の人生における主人公は「わたし」である。しかし「わたし」は、世界の中心に君臨しているのではない。「わたし」は人生の主人公でありながら、あくまでも共同体の一員であり、全体の一部なのです。

叱ってはいけない、ほめてもいけない

アドラー心理学ではあらゆる「縦の関係」を否定し、すべての対人関係を「横の関係」とすることを提唱しています。「同じではないけれど対等」なのです。

人は「わたし」を使い分けられない

まず他者との間に、ひとつでもいいから横の関係を築いていくこと。そこからスタートしましょう。意識の上で対等であること、そして主張すべきは堂々と主張することが大切。

「いま、ここ」を真剣に生きる


自己肯定ではなく、自己受容

課題の分離もそうですが、「変えられるもの」と「変えられないもの」を見極めるのです。われわれは「なにが与えられているか」について、変えることはできません。しかし、「与えられたものをどう使うか」については、自分の力によって変えていくことができます。だったら「変えられないもの」に注目するのではなく、「変えられるもの」に注目するしかないでしょう。

信用と信頼はなにが違うのか

われわれには、信じることができます。疑うこともできます。そしてわれわれは、他者を仲間と見なすことをめざしています。信じることと疑うことのどちらを選択するかは、明らかでしょう。

仕事の本質は、他者への貢献

われわれは労働によって他者貢献をなし、共同体にコミットし、「わたしは誰かの役に立っている」ことを実感して、ひいては自らの存在価値を受け入れているのです。

人生とは連続する刹那である

人生とは、連続する刹那なのです。われわれは「いま、ここ」にしか生きることができない。われわれの人生は点の連続でしかない。計画的な人生など、それが必要か不必要かという以前に、不可能なのです。

「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てよ

「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来も見えなくなるでしょう。われわれはもっと「いま、ここ」だけに真剣に生きるべきなのです。

人生最大の嘘

人生における最大の嘘、それは「いま、ここ」を生きないことです。過去を見て、未来を見て、人生全体にうっすらぼんやりとした光を当てて、なにか見たつもりになることです。

まとめ

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。やはりどこかで他人の評価を気にしたり、嫌われないだろうかと考えたりしてきたと思う。ただ、もっとシンプルに他人ではなく自分がどうかということを考えなければならない。そうすれば無駄に背負ている荷物を下ろして身軽にすることができる。

1読書1アウトプット

他者の評価を気にしない

-人生観, 思考, 書評

Copyright© Carpe diem , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Bitnami